〒359-1111 埼玉県所沢市緑町2丁目14番地7号 TEL:04-2920-2111 FAX:04-2920-2112

最新のリウマチ・膠原病治療

新しい関節リウマチの診断基準

2010年ACR/EULAR分類基準
これまで、1987年に作成された米国リウマチ協会の分類基準が広く用いられてきましたが、この基準では関節リウマチの早期診断には不向きであることがかねてより指摘されてきました。この度2010年にアメリカリウマチ協会(ACR)とヨーロッパリウマチ協会(EULAR)が合同で新しい関節リウマチの分類基準が発表となりました。小関節重視、リウマチ因子(RF)と抗CCP抗体に比重を重くし、これまでになかった炎症反応にも配点を与えています。合計で6点を超えるとRAと分類します。一方で、左右対称性、6週間以上の病歴、リウマチ皮下結節、レントゲン所見といった項目が基準からなくなり、将来、持続的関節炎、関節破壊をきたす可能性の高い方を選択するのに優れた方法と言えます。

2010年ACR/EULAR分類基準

2010年ACR/EULAR分類基準

 

早期の関節リウマチではレントゲン変化を捉えることはしばしば困難です。2012年、ヨーロッパリウマチ協会ではclinical practice task forceを組織し、画像診断のrecommendationを発表しています。関節炎診断の精度を上げる、予後予測の観点から関節MRIと関節エコー検査は高く評価されています。当院では、こうした画像診断を活用して、病状のより適正な評価に努めております。

MRI・早期関節炎における関節病変の検出

  • ホーム
  • クリニック紹介
  • 診療案内
  • 人間ドック
  • 最新のリウマチ・膠原病治療
  • 膠原病とは
  • 関節リウマチとは
  • 新しい関節リウマチの診断基準
  • 関節リウマチの新治療ゴールとT2T
  • 関節リウマチの治療
  • 治験者募集
  • 小児科のご案内
  • アレルギー外来
  • 各種専門外来